既存の部品組み合わせただけで自作PCを作る

自作PC。それでは止む無しだ。自作は相性問題や不具合発生時??に自分対処だから安い。組立当初に起動不全が無かった。なら付け足した部品やソフト起因か。症状をググって対処法が載ったサイトが見つかればlucky。おそらくソフト側ではなくハード側の寿命ではないかと思われる。ハード部品はサイズなどの違いは有るけど6000円位からで売ってる。改造が難しいなら、HDDを外す事も考えた方がいいかも。近くの知り合いにPC自作の方が居れば簡単なんだけど。自作PCて、ちょいちょい部品交換できるから、以外と長く使えていいなてのは思う。ただ、ケースがでかくて重くて野暮ったいのしかないのが最大の難点だと思う。始めて自作PCに手を出すが部品選びに一苦労。悩ましい。

液体のコンディション管理と、部品破損時の洗浄に難があるから広くは採用されないけど、ニッチ市場の自作PC界隈とは相性よさそうな感じの研究ではる。部活で自作PC作ろう!ってなって部品を予算の申請で出したんだけど、グラボとCPUだけ却下された。よし、これで準備完了。新しいPCを手に入れた。ついに今回は自作じゃなくて出来合いものでノートPC。自作だったら既存の壊れたやつを部品交換して使う。既存の部品組み合わせただけで自作PCって威張ってる奴うちのクラスにもいる。年末に稼ぐ予定のバイト代と成人してもお年玉もらえるシステムの家系に生まれた権利をフル活用して年明けから年度末の初売り・決算セールに便乗して自作ゲーミングPCの部品購入しようと考えてるけどこの100文字近いプラン全部皮算用って気づいてため息ついてる。